山陽新聞デジタル|さんデジ

生徒盗撮、わいせつ行為2人処分 県教委、高校実習助手と小学教諭

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県教委は8日、勤務する学校内で女子生徒のスカート内を繰り返し盗撮するなどしたとして、岡山工業高の男性実習助手(26)を懲戒免職処分とした。

 県教委によると、実習助手は9月29日に倉敷市内のスーパーで女性のスカート内をスマートフォンのカメラで動画撮影し、県迷惑行為防止条例違反の疑いで書類送検=その後に不起訴処分=された。同教委の聞き取りに対し、校内でも10回程度、女子生徒のスカート内を撮影したことを認めたという。

 同高は8、9日に予定していた文化祭を延期し、8日に生徒へ事情を説明。9日には教員が全校生徒と個別面談する。必要に応じてカウンセリングを受けられる体制も整える。

 県教委はまた、女子高生に現金を渡してわいせつな行為をしたとして逮捕された笠岡市立吉田小の男性教諭(32)も懲戒免職処分とした。

 吉田小では県教委が求める不祥事防止の研修が行われていなかったのに、笠岡市教委が行ったと県教委に報告していたことも判明。県教委は所管する全校に対し、8日から実施状況の緊急調査を始めた。

(2019年11月08日 17時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ