山陽新聞デジタル|さんデジ

OSKスポーツク 狙え頂点 9日から全日本エアロビ

全日本総合選手権に出場する山元里桜(中央)らOSKスポーツクの選手
全日本総合選手権に出場する山元里桜(中央)らOSKスポーツクの選手
 エアロビックの第36回全日本総合選手権は9、10の両日、東京の大田区総合体育館で行われ、岡山勢はOSKスポーツク(岡山市)から21人が10部門に出場する。ユース2(14~16歳)女子シングルの山元里桜らに日本一の期待が懸かる。

 就実高1年の山元は、今年1月のJOCジュニアオリンピックカップでユース2女子シングル優勝の実績を引っ提げて乗り込む。高い身体能力を生かした躍動感が魅力で、ユース2トリオでは、海原百花、吉本悠太郎と組み、ラテンの音楽に乗せた情熱的な演技で勝負する。この大会をユース年代で臨めるのはこれが最後となる山元は「どちらの種目も1位になることしか考えていない」と気持ちを高める。

 ユース部門の1位、シニア部門は2位までが来年4月のスズキワールドカップ日本代表入りが決まる。OSK勢は他にもユース1(11~13歳)トリオの湯浅歩乃実・西ノ薗まひろ・惣市華組、シニア1(17歳以上)女子シングルの徳田日南、シニア1ミックスペアの徳田・殿下拓海組も優勝候補。「全日本で力を出して自信をつけ、世界の舞台で活躍したい」と徳田は目標を定める。

 指導する大原光紀子コーチは「どの選手も実力十分。会場の雰囲気にのまれないように集中力を高めさせたい」と話す。

 同選手権は東日本・東北、中部、西日本、九州の各地区大会を突破するなどした100人以上が全11部門で争う。

 OSK所属選手の他部門の出場は次の通り。

 ▽ユース1男子シングル 青木祥真▽同女子シングル 湯浅歩乃実、西ノ薗まひろ▽ユース2男子シングル 吉本悠太郎▽同女子シングル 岡本麻央▽ユース1トリオ 青木祥真・香川心優・辻田菜花、湯浅和可奈・吉本千夏・小林愛▽同2トリオ 塩飽菜々花・川上葉留咲・間野萌花▽シニア1男子シングル 殿下拓海▽同女子シングル 宮宗萌、中谷祈粋▽同トリオ 加藤嘉菜・中谷祈粋

(2019年11月08日 17時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ