山陽新聞デジタル|さんデジ

建物明渡請求について

建物明渡請求について
 長らく家賃を滞納している借主に頭を痛めている大家さんも多いかと思います。今回は、建物明渡請求について解説します。なお、民法や借地借家法では大家さん(貸主)は賃貸人、借主は賃借人、建物の家賃を賃料と言いますが、ここでは大家さん、借主、家賃として説明します。

家賃を滞納している場合は
賃貸借契約を解除できる


 家賃を数か月間滞納し、大家と借主の信頼関係が破壊したと認められる(背信性が認められる)場合には、大家さんは賃料不払を理由として、賃貸借契約を解除することができます。未払の賃料の支払を求めるとともに、滞納している家賃全額を期限までに支払わない場合には賃貸借契約を解除して建物の明渡しを求めることもできます。これは配達証明付きの内容証明郵便でするのがよいでしょう。それでも建物から出て行かない場合、あるいは所在が分からない場合には、裁判所に建物明渡請求訴訟を提起し、請求認容判決を得た上で、建物明渡しの強制執行をすることになります。建物内の借主の荷物については、裁判所の執行官が依頼する業者が一旦保管し、執行官が借主に荷物の引き取りを求めます。借主が荷物の引き取りに来ない場合には、荷物を売却することになりますが、高価な品物でもない限り通常は売れませんので、結局廃棄処分することになります。これらの費用は結局大家さんが負担することが多いと思われます。

 内容証明郵便の送付、訴訟の提起、強制執行の申立て等の手続を弁護士に依頼すれば弁護士費用もかかります。

 このように借主に建物明渡しを求めるためにはそれなりの費用がかかります。しかし、建物から借主を退去させられれば、新たな借主に貸して賃料収入を得ることができますので、できるだけ早期に退去させるべきです。家賃の回収作業という手間や精神的なストレスからも解放されます。

鍵を変えたり荷物を処分したり…
大家さんの実力行使は許されない


 なお、借主の対応が不誠実だからといって、不在中に勝手に部屋の鍵を変えたり、マスターキーで部屋の中に入って荷物を処分するなどの行為は絶対にやめてください。かえって大家さんが借主から損害賠償請求を受けることになります。

 借主の家賃滞納でお悩みの場合には、速やかに弁護士に相談することをおすすめします。

(2019年10月24日 11時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ