山陽新聞デジタル|さんデジ

アニメコスプレファンら福山集結 フクヤマニメ開幕、京アニ支援も

お気に入りのキャラクターになりきった参加者がダンスや歌を披露した「コスプレ天国劇場」=アイネスフクヤマ
お気に入りのキャラクターになりきった参加者がダンスや歌を披露した「コスプレ天国劇場」=アイネスフクヤマ
商店街もコスプレした人たちでいつもと違った雰囲気に。記念に写真を撮る人も多く見られた=久松通り
商店街もコスプレした人たちでいつもと違った雰囲気に。記念に写真を撮る人も多く見られた=久松通り
 コスプレパフォーマンスやアニソンライブなどが楽しめるアニメイベント「フクヤマニメ2」が26日、福山市中心部で始まった。アニメのキャラクターになりきったファンらが続々と来場し、ファン同士の交流を深めていた。27日まで。

 イベントは市内の企業や商店街連合会でつくる実行委員会が昨年から開催し2回目。アイネスフクヤマ(東桜町)や天満屋福山店(元町)、周辺の商店街を会場に、市出身のアニメ監督・羽原信義さんのトークショーやセル画などの展示、参加者がダンスや歌などを繰り広げる「コスプレ天国劇場」、グッズ販売などがあった。

 アイネスフクヤマの「コスプレ天国劇場」会場では、宇宙戦艦ヤマトや「プリキュア」シリーズなどのキャラクターになりきった参加者が、テーマソングに合わせてダンスを披露。観客から拍手や声援が送られていた。商店街でもコスプレをした人が友人らと記念撮影をしていた。

 岡山県から訪れ、コスプレを楽しんでいた会社員女性(29)は「知り合いのステージを見に初めて来た。会場の盛り上がりがすごく、格好良かった」と話した。

 放火により社員36人が犠牲になったアニメ制作会社「京都アニメーション」(京都府宇治市)を支援しようと、イベントのロゴが入ったバッジとキーホルダーの販売もあった。27日も実施し、収益は全額同社に送られる。

(2019年10月26日 20時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ