山陽新聞デジタル|さんデジ

今年もランドセルありがとう 匿名人物 児童養護施設等協に贈る

ランドセルを受け取った児童養護施設関係者=県児童養護施設等協議会
ランドセルを受け取った児童養護施設関係者=県児童養護施設等協議会
 子どもたちに使ってほしいと、岡山県児童養護施設等協議会(岡山市北区南方)に匿名の人物からランドセル10個が届けられた。2016年から毎年続いており、今年は6施設に贈られた。

 今月8日に県内の百貨店から配達された。黒とピンク色が各5個ずつで、「令和というあたらしいじだいのはじめに いいおもいでが いっぱいできるよういのっています」などと書かれた手紙も同封されていた。

 同協議会で11日、ランドセルを受け取った悲眼院(笠岡市)の高橋昌文院長は「新しいランドセルを背負って学校に行く子どもたちは喜ぶに違いない。施設としてもありがたい」と感謝していた。

 協議会によると、ランドセルの贈り主は同一人物とみられるという。

(2019年10月22日 19時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ