山陽新聞デジタル|さんデジ

茨城県で墜落事故、1人死亡 超軽量機か、機体炎上

 茨城県かすみがうら市新治の現場
 茨城県かすみがうら市新治の現場
 20日午前11時35分ごろ、茨城県かすみがうら市新治の畑に超軽量飛行機(ウルトラライトプレーン)とみられる機体が墜落、炎上し、搭乗していた2人のうち機長の男性が死亡した。同県つくば市の会社役員の男性(53)は自力で脱出、右腕などに軽傷を負った。

 国土交通省は航空事故と認定。運輸安全委員会は航空事故調査官2人の派遣を決めた。

 土浦署などによると、死亡した男性の遺体は損傷が激しく、同署が身元や事故の状況を調べている。現場はJR土浦駅から北東へ約8・8キロの畑が広がる地域。

 茨城県内では、昨年7月と11月、今年6月にも超軽量飛行機が墜落する事故が起きた。

(2019年10月20日 18時22分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ