山陽新聞デジタル|さんデジ

湯郷地区ふれあい囲碁ボール大会 狙い澄ましてショット

和やかな雰囲気でプレーを楽しむ参加者
和やかな雰囲気でプレーを楽しむ参加者
 「第12回湯郷地区ふれあい囲碁ボール大会」(湯郷地区社会福祉協議会主催)が10日、美作市中山のみまさかアリーナで開かれ、60~80代の約110人が交流を深めた。

 囲碁ボールは碁盤のようなマットの上で白と黒のボールを交互に打って並んだボールの数などを争う競技。24チームが4チームずつに分かれてリーグ戦をし、同じ順位ごとのトーナメントで競った。

 参加者は狙い澄ましたショットでボールを一直線に並べたり、力強く打ってその並びを崩したりと、一進一退の熱戦を展開。良いショットには敵味方関係なく拍手を送り、和やかに試合を進めた。

 成績は次の通り。

 (1)中筋B(2)長内協和クラブB(3)福田三笑会A

(2019年10月18日 17時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ