山陽新聞デジタル|さんデジ

ハルカの陶 ロケ地巡るマップ作製 備前市、12カ所写真入りで紹介

映画「ハルカの陶」のロケ地を紹介するマップ
映画「ハルカの陶」のロケ地を紹介するマップ
 備前市は、主人公「はるか」が備前焼作家を目指して奮闘する同名漫画が原作の映画「ハルカの陶(すえ)」のロケ地巡りマップを作った。ロケがあった備前市伊部地区の登り窯や窯元など12カ所を写真入りで紹介。19、20日に同地区で開かれる「第37回備前焼まつり」(実行委員会など主催、山陽新聞社共催)の会場で配り、PRする。

 はるかが東京の百貨店で見た備前焼の大皿に魅了され、陶芸の道を志すストーリーの映画は25日から、イオンシネマ岡山(岡山市北区下石井)で先行上映。11月30日からは全国公開される。

 マップには、はるか役の奈緒さんが降り立ったJR伊部駅のほか、作家役の平山浩行さんと登場する窯元「天人窯」などでのワンシーンを掲載。釉薬(ゆうやく)を使わないのが特徴で、鎌倉時代中期に完成したとされる備前焼の歴史も載せた。

 マップに掲載された12カ所には25日から、スマートフォンなどで読み取ると撮影風景の動画が視聴できるQRコードを設置。“聖地巡礼”による誘客拡大にもつなげる。市産業観光課は「マップを手に伊部地区を楽しく散策してほしい」としている。

 A4判カラー4ページで、3万部作製。備前観光協会や市役所などでも配布する。

(2019年10月18日 14時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ