山陽新聞デジタル|さんデジ

札幌市「運営は組織委負担原則」 五輪マラソン開催案で市長

 札幌市の秋元克広市長は17日午前、市役所で取材に応じ、2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催案について光栄だと歓迎した上で、費用に関し「恒常的に残るものは私たちで負担するが、それ以外の運営については組織委員会負担という原則で、これから話をする」との認識を示した。

 秋元市長は「昨晩、報道機関からの問い合わせで初めて知った。突然で驚いている。国際オリンピック委員会(IOC)からの連絡は現時点でまだない」と明かした。真夏の気温や、1987年から夏に北海道マラソンが開催されてきた実績も要因の一つと推測した。

(2019年10月17日 11時52分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ