山陽新聞デジタル|さんデジ

玉野で県市議会議長会総会 防災、少子化対策、国に要望へ

国への要望2件を決めた県市議会議長会の総会
国への要望2件を決めた県市議会議長会の総会
 岡山県市議会議長会(会長・浦上雅彦岡山市議会議長)は16日、玉野市内で総会を開いた。国への要望として、防災・減災対策への支援措置充実、少子化対策の2件を中国市議会議長会総会(18日、山口県)に提案することを決めた。

 西日本豪雨や9月の新見市での局地的豪雨、台風被害を踏まえ、多大な経費を要する被災者の生活再建や復旧に対し地方交付税などによる財政支援を要請。少子化対策としては、地方での産婦人科医療体制の維持確保、放課後児童クラブの受け入れ数増に向けた取り組みの充実を求める。

 また女性の政治参画拡大を目指す県市議会議員女性の会が、同会を県市議会議長会の連携組織として位置付けるよう要望した。総会には県内15市の正副議長ら40人余りが出席した。

(2019年10月16日 22時33分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ