山陽新聞デジタル|さんデジ

広島県 台風19号義援金受け付け 県内9施設、福山市も17日から

 広島県は16日、台風19号の被災者支援のため、県庁本館正面玄関ロビーや東部総務事務所(福山市三吉町)など県内の9施設に義援金の募金箱を設置した。期間は来年3月末まで。時間は午前8時半~午後5時15分。土日祝日や年末年始は除く。全額を日本赤十字社(東京)に寄託する。

 福山市と市社会福祉協議会は17日から義援金の受け付けを始める。来年3月末まで。市は市役所と全10支所、市社協は市内の事務所と出先機関の計7カ所で午前8時半~午後5時15分に対応する。土日祝日や年末年始は除く。市社協福山事務所(三吉町南)では土曜も受け付ける。寄せられた義援金は日赤県支部を通じて被災地に送られる。

(2019年10月16日 20時41分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ