山陽新聞デジタル|さんデジ

1票の格差訴訟、きょう初判決 7月参院選、高松高裁

 高松高裁=16日午前
 高松高裁=16日午前
 「1票の格差」が最大3・00倍だった7月の参院選は、投票価値の平等に反し違憲だとして、四国の3選挙区の有権者3人が選挙無効を求めた訴訟で、高松高裁(神山隆一裁判長)は16日、判決を言い渡す。

 二つの弁護士グループが全国14の高裁・高裁支部に起こした一連の訴訟で、最初の判決。

 2016年の前回参院選(最大格差3・08倍)後に、定数6増(埼玉選挙区2、比例4)の改正公選法が成立し、格差はわずかだが縮小した。今回の参院選は議員1人当たりの有権者数が最少の福井選挙区と、最多の宮城選挙区との格差は3・00倍だった。

(2019年10月16日 10時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ