山陽新聞デジタル|さんデジ

香港で13万人が怒りの声 覆面禁止法後、初の集会

 米議会による「香港人権・民主主義法案」の早期可決を求める集会で、会場周辺の道路を埋める大勢の市民と米国旗=14日、香港(共同)
 米議会による「香港人権・民主主義法案」の早期可決を求める集会で、会場周辺の道路を埋める大勢の市民と米国旗=14日、香港(共同)
 米議会による「香港人権・民主主義法案」の早期可決を求める集会に集まった大勢の市民ら=14日、香港(共同)
 米議会による「香港人権・民主主義法案」の早期可決を求める集会に集まった大勢の市民ら=14日、香港(共同)
 【香港共同】香港で14日夜、中国への圧力となる「香港人権・民主主義法案」の早期可決を米議会に求める集会が開かれ、主催者発表で約13万人が参加した。香港政府がデモ参加者のマスク着用を禁じる「覆面禁止法」制定以降、警察が許可した初の住民行動。会場周辺の幹線道路はあふれたマスク姿の人たちが占拠し、政府に対する怒りの声を上げた。

 黒色の服を着た若者らが米国国旗を振りながら、「光復香港(香港を取り戻せ)」「マスクをしよう」などとシュプレヒコール。一方、香港警察は14日、覆面禁止法違反や破壊活動を行った容疑などでデモ参加者ら201人を逮捕したと発表した。

(2019年10月14日 23時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ