山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山でマーチングメインフェス バンド、バトンチーム 技競い合う

華麗なパフォーマンスを披露するマーチングバンド
華麗なパフォーマンスを披露するマーチングバンド
 「2019マーチング・イン・オカヤマ」(岡山市、同市教委、山陽新聞社などでつくる実行委主催)のメインフェスティバルが14日、同市南区浦安南町の市総合文化体育館で開かれ、全国のマーチングバンドやバトンチームが華麗な技を競い合った。

 国際的な基準で採点する「トップステージ」と、華やかさや楽しさを審査する「フェスティバル」の2部門に、38団体約2千人が出場。演奏しながら次々と隊列を変化させるとともに、巧みなバトン、フラッグさばきを披露した。ダイナミックなパフォーマンスに約2400人の観衆から大きな拍手が送られていた。

 主な成績は次の通り。

 【トップステージ部門】1位 IPU・環太平洋大マーチングバンド部(岡山)▽2位 THE YOKOHAMA SCOUTS Drum&Bugle Corps(神奈川)▽3位 FUKUOKA DreamScouts performance corps(福岡)

 【フェスティバル部門】岡山市教育長賞(高校・一般の部) 倉敷商高吹奏楽部(岡山)▽同賞(小・中学校の部) 観音寺市立大野原小マーチングバンド(香川)▽ベストトワーリング賞 就実中高バトン部(岡山)▽ベストカラーガード賞 Guard Team“Soleil”(岡山)

(2019年10月14日 22時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ