山陽新聞デジタル|さんデジ

ラグビー大人気!スポレク倉敷 親子連れらスポーツの秋満喫

子どもたちに人気だったラグビー体験
子どもたちに人気だったラグビー体験
初導入の「アクアボール」で楽しむ親子ら
初導入の「アクアボール」で楽しむ親子ら
 体育の日の14日、第14回倉敷市民スポーツフェスティバルのメインとなる「総合型イベント&スポレク倉敷」が、水島中央公園(同市水島青葉町)を主会場に開かれた。夏を思わせる日差しの中、親子連れらがスポーツの秋を満喫した。

 会場には、ニュースポーツなど約40種目が用意された。直径2メートルの球体の中に入ってプールに浮かべて遊ぶ今回初導入の「アクアボール」や、人工壁を登る「ボルダリング」、球体スーツをまといサッカーを楽しむ「バブルサッカー」などが人気で、行列ができた。

 ラグビーブースは、ワールドカップで日本代表が史上初の8強入りを決めた直後とあって大盛況。社会人チームの選手らの指導で、パスからラン、トライとキックまで得点の流れを体験でき、子どもたちは力いっぱいタックルするなどして歓声を上げていた。

 特設ステージでは、地元の子どもたちがダンスやチアリーディングを披露。飲食の屋台も並んだ。

 イベントは市、市体育協会などでつくる実行委が、西日本豪雨で日程変更した昨年を除き毎年この時期に開いている。

(2019年10月17日 16時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ