山陽新聞デジタル|さんデジ

各省横断の被災者生活支援チーム 首相、対策本部で設置表明

 非常災害対策本部の会合であいさつする安倍首相=14日午前、首相官邸
 非常災害対策本部の会合であいさつする安倍首相=14日午前、首相官邸
 安倍晋三首相
 安倍晋三首相
 安倍晋三首相は14日、官邸で開いた台風19号に関する非常災害対策本部の会合で、各省横断の被災者生活支援チームを設置すると表明した。杉田和博官房副長官をトップとし、被災者のニーズをきめ細かく把握しながら避難所生活の環境整備や住まいの確保に重点的に当たる。

 台風19号による被害の激甚災害指定について、菅義偉官房長官は記者会見で「早期指定に向け、関係省庁と連携し、指定に必要な被害状況を早急に把握するように努めている」と述べた。

 安倍首相は対策本部会合で「(住民の)生活や経済活動への影響が長期化する懸念もある。被災者に寄り添いながら対応に万全を期す」と強調した。

(2019年10月14日 13時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ