山陽新聞デジタル|さんデジ

広域停電、なお10万戸 台風19号、千葉・長野で影響大

 台風19号による大雨で千曲川が氾濫し、河川敷に張られた立ち入り禁止のテープ=13日午後2時9分、長野県上田市
 台風19号による大雨で千曲川が氾濫し、河川敷に張られた立ち入り禁止のテープ=13日午後2時9分、長野県上田市
 東京電力など各社の発表によると、台風19号に伴う停電は13日午後10時ごろ時点の速報で13都県の10万戸余りとなった。ピークの約52万戸(13日午前0時ごろ、経済産業省集計)から復旧は進んだが、台風15号に遭った千葉県や、河川が氾濫した長野県で大きな影響が続いた。広域の倒木や浸水で状況把握が難航し、停電が解消する時期の見通しは示せていない。

 各社によると、管内別の停電は東京電力が約6万6300戸で最多。中部電力は約3万7700戸。東北電力は約5600戸で「作業が可能な地域は14日中の復旧を目指す」と説明している。

(2019年10月13日 23時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ