山陽新聞デジタル|さんデジ

玉野プレミアム付き商品券に不備 市委託の印刷業者ミス

 玉野市は11日、消費税増税対策として発行している500円券10枚つづりのプレミアム付き商品券(販売額4千円)の一部に、9枚つづり、11枚つづりのものがあったと発表した。10日までに5冊の不備を確認した。

 市によると、市役所に10日夕、市民が9枚つづりの1冊を持ち込んで発覚。販売している市内の郵便局に確認したところ、ほかに9枚つづりが2冊、11枚つづりが2冊見つかった。印刷を委託した市内の業者のミスで、原因を調べている。

 商品券は市と玉野商工会議所、岡山南商工会東児支所でつくる市プレミアム付商品券実行委員会が6万5千冊を発行し、10日までに8243冊を販売している。郵便局から回収し検品するとともに、販売済みの券でも不備の申し出があれば交換に応じる。

(2019年10月11日 19時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ