山陽新聞デジタル|さんデジ

総社市議会が辞職勧告決議案可決 虚偽理由で本会議欠席の仲達氏

 総社市議会は11日、「入院・手術」を理由に8月の本会議を欠席しながら、豪華客船による観光ツアーに出掛けていたとして、仲達幸弘氏(65)=共産党=への辞職勧告決議案を全会一致で可決。仲達氏本人から提出されていた議員辞職願を正式に許可した。

 仲達氏は4日付で議長宛てに辞職願を提出した。しかし、市議会は「規範意識の欠如した行為で、市民の信頼を著しく失墜させた」などとして認めず、この日開会した臨時会に同決議案を提案した。

 仲達氏は、8月28日の本会議と30日の委員会を欠席し、鳥取・境港から北陸地方を巡るツアーに参加していた。9月上旬、新聞の特集記事の写真に似た人物が写っていると同僚市議が指摘。市議会の追及には偽造した退院証明書などを示したが、10月4日の党の調査に対して虚偽を認め、党から辞職勧告を受けた。

(2019年10月11日 17時51分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ