山陽新聞デジタル|さんデジ

カヌー山根、ライフル射撃岡田V 茨城国体、ボートは関西高

山根美千義(左)と岡田直也
山根美千義(左)と岡田直也
 第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」は7日、茨城県大子町などで行われ、岡山勢はカヌー成年男子ワイルドウオーター・カヤックシングル(スプリント)の山根美千義(阪神溶接機材)が2年ぶり3度目、ライフル射撃成年男子エアライフル伏射の岡田直也(ALSOK)が3年ぶり3度目の頂点に立った。

 4日の1500メートルで連覇を逃した山根は、出場10人中ただ一人40秒を切る39秒52をマークし、2位の昨年王者を0秒56差でかわした。岡田は60発(1発10・9点満点)の合計で634・9点のハイスコアをたたきだし、4日の立射と合わせ自身2度目の2冠に輝いた。

 悪天候の影響で決勝が中止となったボート少年男子かじ付き4人スカルは、関西高など準決勝1位の4チームの同時優勝となった。

 最終日の8日を前に、岡山勢はこの日で全競技を終え、天皇杯順位(男女総合成績)は12位となっている。

(2019年10月07日 22時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ