山陽新聞デジタル|さんデジ

イラン、英タンカー解放へ 緊張緩和は見通せず

 英国船籍のタンカー=8月22日、イラン近海(ロイター=共同)
 英国船籍のタンカー=8月22日、イラン近海(ロイター=共同)
 【テヘラン共同】イラン国営メディアによると、イラン政府のラビイー報道官は23日、イラン沖のホルムズ海峡で7月19日に拿捕した英国船籍のタンカーについて、司法手続きが完了し近く解放する見通しだと述べた。英国とイランが互いにタンカーを拿捕し合う異常事態が続いていたが、ようやく解消に向かう。

 ただ米国はホルムズ海峡での船舶保護を目指す有志連合構想を進めており、イランが反発する構図は変わらない。サウジアラビアの石油施設攻撃を巡る対立も続き、タンカー解放が緊張緩和につながる保証はない。

 ラビイー氏はタンカーがいつイランを出港するのかは明らかにしなかった。

(2019年09月23日 20時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ