山陽新聞デジタル|さんデジ

Jフィールド岡山に栄冠 岡山県ユースサッカー

前半1分、Jフィールド岡山のMF水田亮輔(中央)が先制点を奪い、喜ぶ選手たち=シティライトスタジアム
前半1分、Jフィールド岡山のMF水田亮輔(中央)が先制点を奪い、喜ぶ選手たち=シティライトスタジアム
 サッカーの中学年代岡山県王者を決める「2019山陽新聞カップ第28回県ユース(U―15)選手権大会」(県サッカー協会、山陽新聞社主催、岡山県民共済特別協賛)最終日は23日、岡山市のシティライトスタジアムで行われ、決勝でJフィールド岡山が鷲羽FCを4―1で下し、初優勝を飾った。

 Jフィールドは前半1分、MF水田が先制のシュートを決め、同4分にもDF吉岡が得点し主導権を握った。2―1の後半終了間際にはMF桂が立て続けに2点を加えて突き放した。鷲羽FCは前半5分にDF向伊のゴールで1点差に詰めたが及ばなかった。

 3位決定戦はハジャスがファジアーノ岡山に2―0で快勝した。

 ベストイレブンにはGK川上瞬らJフィールドから最多の5人が選ばれた。フェアプレー賞はJフィールドが受賞した。

(2019年09月23日 21時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ