山陽新聞デジタル|さんデジ

北海道の大雪山系旭岳で初冠雪 紅葉とコントラストも

 初冠雪した北海道最高峰の大雪山系旭岳。5合目付近でも積雪が見られ、紅葉との美しいコントラストが楽しめる=21日午前、北海道東川町(旭岳ロープウェイ提供)
 初冠雪した北海道最高峰の大雪山系旭岳。5合目付近でも積雪が見られ、紅葉との美しいコントラストが楽しめる=21日午前、北海道東川町(旭岳ロープウェイ提供)
 初冠雪した北海道最高峰の大雪山系旭岳=21日午前、北海道東川町(旭岳ロープウェイ提供)
 初冠雪した北海道最高峰の大雪山系旭岳=21日午前、北海道東川町(旭岳ロープウェイ提供)
 旭川地方気象台は21日、北海道最高峰の大雪山系旭岳(2291メートル)で初冠雪を観測したと発表した。平年より4日早く、昨年より1日遅い。

 山頂付近には20日夜から21日朝にかけて雲がかかっており、気象台は午前9時ごろに雪化粧した山肌を確認した。

 「大雪山旭岳ロープウェイ」によると、紅葉が見頃を迎えている5合目付近でも積雪でうっすら白くなっているといい、今後数日間は紅葉との美しいコントラストを楽しめるとしている。

 北海道の上空では19~20日にかけて10月下旬から11月上旬並みの寒気が入り込み、冷え込んでいた。

(2019年09月21日 16時35分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ