山陽新聞デジタル|さんデジ

増税対策商品券の引換券発行ミス 岡山市、誤記載や誤送付

 岡山市は20日、消費税増税対策として発行するプレミアム付き商品券について、購入に必要な引換券の発行手続きにミスがあったと発表。456件で誤記載や誤送付があった。

 誤記載は、親族などの代理人が8月15日までに引換券発行を申し込んだ低所得者293件で発生。システムの不具合で引換券の住所欄に代理人のものが記載された。

 誤送付は6月2日~8月15日に市外から転入してきた子育て世帯163件で、以前の居住自治体から引換券が発行されることになっていたが、誤って岡山市からも送付した。

 誤記載分は商品券購入に支障がないため回収せず、誤送付分は他自治体発行の引換券を回収する。市は「事務処理を徹底し再発防止に努める」としている。

(2019年09月20日 22時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ