山陽新聞デジタル|さんデジ

レディース杯会場で多彩イベント メモリアルブースなど注目集める

アプローチコンテストに挑戦する参加者
アプローチコンテストに挑戦する参加者
 女子プロゴルフのステップアップツアー「山陽新聞レディースカップ」が開幕した20日、会場の東児が丘マリンヒルズGC(玉野市下山坂)では多彩なイベントが行われ、大勢のゴルフファンや家族連れらが楽しんだ。

 打球練習場ではアプローチコンテストがあり、32人が参加。50ヤード先に設けられた約1メートル四方の的を狙って1人3球ずつ、ショットの精度を競った。岡山市の会社役員男性(67)は「持ち球が少なく、難しかった。他のイベントも充実していて楽しい」と話した。

 第10回を記念したメモリアルブースも注目を集めた。歴代優勝者のほか、全英女子オープンを制した渋野日向子(RSK山陽放送)ら大会を彩った人気選手の写真や新聞紙面に見入る人も。プロ仕様の高速グリーンを体験できるパターコンテスト、笠岡ラーメンなどの屋台が並んだ飲食コーナーもにぎわった。

 22日まで女子プロとの撮影会があるほか、21日はスナッグゴルフ体験会などが行われる予定。

(2019年09月20日 22時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ