山陽新聞デジタル|さんデジ

温暖化に「政府は具体的行動を」 サミット前に世界で若者が抗議

 地球温暖化に対する大人の危機感が低すぎると訴える集会でプラカードを掲げる少年=20日午後、東京都渋谷区
 地球温暖化に対する大人の危機感が低すぎると訴える集会でプラカードを掲げる少年=20日午後、東京都渋谷区
 地球温暖化への危機感が大人は薄いとして、政府に抜本的な対策強化を求める若者らの抗議活動が20日、世界で一斉に繰り広げられた。日本では学生らが「政府は具体的な行動を」と訴え、オーストラリアは5万人の集会が開かれるなど各国でも若者が集結。首脳や閣僚が出席する23日の国連気候行動サミットを前に、抗議は大きなうねりとなって広がった。

 呼び掛けた環境団体によると、過去の一斉抗議の参加者約180万人を上回る最大規模になる見通し。日本は23都道府県で計画され、東京都渋谷区では2千人以上が「石炭火力を止めて」と書かれたプラカードを持つなどして練り歩いた。

(2019年09月20日 20時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ