山陽新聞デジタル|さんデジ

高齢者の健康にヨガ活用して 美作、お元気体操の研修会

ヨガエクササイズを体験する介護予防サポーターら
ヨガエクササイズを体験する介護予防サポーターら
 高齢者の健康づくりを目的にした美作市独自の「みまさかお元気体操」のプログラムの一つ、ヨガエクササイズの研修会が17日、今岡の武蔵武道館で開かれ、地域での推進役を担う介護予防サポーターらが指導法などを学んだ。

 サポーター94人と一般市民24人の計118人が参加。ヨガエクササイズを市と共同開発したインストラクターの高橋依子さん=神奈川県=から指導を受けた。いすに腰掛けて呼吸を意識しながら、両手を上げて体を伸ばしたり、上体を左右にねじったりして心身をリラックスさせていた。

 作東地域の介護予防サポーターを務める御前孝子さん(79)=同市=は「楽しく取り組め、自然と体が温かくなった。地域の皆さんの健康のため、ヨガエクササイズを広めていきたい」と話した。

 市は、みまさかお元気体操を2007年度に考案し、普及に取り組んでいる。地域の教室数は89カ所あり、210人のサポーターがいる。認知症予防効果があるとされるヨガエクササイズは17年度に加えている。

 今回の研修会はヨガエクササイズを多くの人に伝えようと、初めて一般参加を呼び掛けた。

(2019年09月20日 18時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ