山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内 肌寒い朝 最低気温、各地で10月中旬並み

 20日の岡山県内は、上空の寒気と晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象の影響で気温が下がり、肌寒い朝となった。最低気温は新見市千屋で6・7度(平年13・2度)、岡山市中心部で14・4度(19・8度)―と、多くの観測地点で10月中旬並みだった。

 他の地点は奈義町8・7度(16・1度)和気町10・4度(16・5度)津山市11・7度(16・8度)など。平年より7・4~3・3度低く、9月に入って最も寒かった。

 岡山地方気象台は「21~23日は台風17号などの影響で雨が降る見込み。通過後は気温が上がり、最低気温は平年並み、最高気温は平年より高く推移するだろう」としている。

(2019年09月20日 11時52分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ