山陽新聞デジタル|さんデジ

交通安全に「猫のお巡りさん」  県警察学校のタマ、隊員に任命

「交通事故抑止隊員」に任命されたタマ。特製制帽をかぶってキリッ!
「交通事故抑止隊員」に任命されたタマ。特製制帽をかぶってキリッ!
猫目線で警戒もバッチリ
猫目線で警戒もバッチリ
 「猫のお巡りさん」誕生ー。岡山県警察学校(岡山市北区玉柏)に住み着いている猫のタマが18日、岡山西署から交通安全の啓発に取り組む「交通事故抑止隊員」に任命された。

 タマは雌で年齢不詳。5年ほど前に姿を現し、同校で過ごすようになったという。寝転がっておなかを見せるなど周囲に愛嬌(あいきょう)を振りまき、訓練に励む学生たちの癒やしになっている。

 秋の交通安全県民運動(21~30日)に向け、大役を任された。18日、同校で出発式があり、特製制帽をかぶせてもらうと、瞬く間に式を退席。張り切って“校内パトロール”に出たようだ。この後、啓発イベントなどにも登場する予定で、“交通マニャー”の向上に、活躍が期待されている。

(2019年09月18日 18時39分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ