山陽新聞デジタル|さんデジ

ハロウィーン仕様 楽しい おかでんチャギントン運行

お化けカボチャのちょうちんなどが飾られた車内ではしゃぐ園児たち
お化けカボチャのちょうちんなどが飾られた車内ではしゃぐ園児たち
 ハロウィーン(10月31日)にちなみ、岡山電気軌道(岡山市中区徳吉町)は18日、車内にお化けカボチャを飾るなどしたハロウィーン仕様の路面電車「おかでんチャギントン」の運行を同市中心部で始めた。

 車両は、英国の人気鉄道アニメ「チャギントン」に登場する赤の「ウィルソン」と青の「ブルースター」を連結させた2両編成。車内には、大きく口を開けたお化けカボチャのちょうちんや置物のほか、車両を監修した同市出身の工業デザイナー水戸岡鋭治さんが描いた魔女のイラストパネルも飾られている。

 この日朝、三友保育園(同門田屋敷)の年長児ら約30人が招待され、本社隣の車庫でスタンバイした電車に仮装して乗車。JR岡山駅前まで約20分の試乗を楽しんだ。園児(6)は雰囲気満点の車内に「わくわくして楽しかった」と話した。

 ハロウィーン仕様は10月31日まで運行。期間中、乗客にはフェースシールなどをプレゼントする。予約制。運行情報や運賃など問い合わせは同社(086―272―5520)。

(2019年09月18日 12時22分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ