山陽新聞デジタル|さんデジ

障害者雇用へ業務説明 岡山で初のフォーラム

県内の企業や団体が障害者雇用に関する取り組みを紹介したフォーラム
県内の企業や団体が障害者雇用に関する取り組みを紹介したフォーラム
 障害者雇用に積極的に取り組む岡山県内の企業や団体による事業説明会「おかやま障害者ワークフォーラム」が17日、岡山コンベンションセンター(岡山市北区駅元町)で初めて開かれた。

 約30社・団体がブースを設け、それぞれの職場での障害者の働き方や支援策などを紹介。就労を希望する障害者をはじめ、就職支援に携わる学校関係者、障害者雇用の推進を目指す企業の担当者らがブースを巡り、業務内容や就業条件、通勤方法などを細かく質問していた。

 フォーラムは県や山陽新聞社会事業団などが企画。これまで就労希望者が面接に臨む前に業務内容を知る機会は少なかったといい、精神障害のある20代男性は「各企業や団体の具体的な対応や雰囲気が分かり、安心できた」と話していた。

(2019年09月17日 22時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ