山陽新聞デジタル|さんデジ

天満屋岡山店で江戸・浅草まつり 金原亭馬の助さん落語披露も

「江戸・浅草まつり」をPRする金原亭馬の助さん
「江戸・浅草まつり」をPRする金原亭馬の助さん
 天満屋岡山店(岡山市北区表町)で18~30日に開かれる物産展「江戸・浅草まつり」をPRするため、落語家の金原亭(きんげんてい)馬の助さんが17日、岡山経済金融記者クラブ(同厚生町)を訪れた。

 初登場の6社を含む62社がグルメや工芸品約1600種類を販売。専門店のりんごあめ(594円)や、浅草の職人が手作りした帆布のトートバッグ(8424円)が並ぶ。銀座の老舗のオムライス(1296円)などが食べられるイートインコーナーもある。

 初日に落語を披露する馬の助さんは「演芸とグルメなどで江戸、浅草の空気を感じて」と話していた。25日から一部の店舗を入れ替える。時間は午前10時~午後7時半(24日と最終日は同6時閉場)。

(2019年09月17日 21時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ