山陽新聞デジタル|さんデジ

貴景勝ち越し、御嶽も8勝 大相撲、1敗消え2敗に5人

 正代(左)と立ち合う貴景勝。押し倒しで破る=両国国技館
 正代(左)と立ち合う貴景勝。押し倒しで破る=両国国技館
大相撲、1敗消え2敗に5人 大相撲秋場所10日目(17日・両国国技館)1場所での大関復帰を目指す関脇貴景勝は平幕正代を力強く押し倒し、8勝目を挙げて勝ち越した。ともにかど番の大関陣は豪栄道が小結阿炎に押し出され4敗目を喫した。栃ノ心は千代大龍を寄り切って5勝目。

 関脇御嶽海は玉鷲をはたき込んで勝ち越し。隠岐の海、明生の平幕2人がともに敗れて1敗がいなくなり、御嶽海、貴景勝、平幕朝乃山を加えた5人が2敗でトップに並ぶ混戦となった。

 十両は琴ノ若、勢が2敗で首位を守った。

(2019年09月17日 19時52分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ