山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山リビング新聞社 事業譲渡決議 山陽新聞社・岡山放送の新会社に

 岡山リビング新聞社(岡山市北区中山下)は17日、臨時株主総会を開き、岡山県南部で展開するフリーペーパー発行事業を10月1日付で、山陽新聞社(同柳町)と岡山放送(同学南町)が設立した山陽リビングメディア(同新屋敷町)に譲渡することを決議した。

 山陽リビングメディアは、岡山リビング新聞社の「リビングおかやま」「リビングくらしき」の発行を継承し、山陽新聞社の「レディア」を統合した新しい生活情報紙を年内に創刊する予定。配布エリアを拡大し、地域の暮らしに役立つ情報の充実を図る。

 岡山リビング新聞社は1983年設立。岡山、倉敷市の中心部に毎週、生活情報フリーペーパー18万5050部を発行している。親会社のサンケイリビング新聞社が持つ全株式(発行済み株式の65・6%)を山陽新聞社が6月に取得し、既存株主の親会社である岡山放送とともに今後の事業展開の準備を進めてきた。岡山リビング新聞社は10月1日付で解散する。

(2019年09月17日 14時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ