山陽新聞デジタル|さんデジ

IAEA総会で日韓対立 原発処理水巡り応酬

 IAEAの年次総会で演説する韓国科学技術情報通信省の文美玉第1次官(左)と竹本IT・科技相=16日、ウィーン(共同)
 IAEAの年次総会で演説する韓国科学技術情報通信省の文美玉第1次官(左)と竹本IT・科技相=16日、ウィーン(共同)
 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)年次総会初日の16日、東京電力福島第1原発で増え続ける放射性物質を含んだ処理水の処分を巡り、日韓が一般討論で批判の応酬を展開した。韓国は「汚染水」との表現で、処理水を海洋放出することの恐怖感を強調、日本は事実に基づかない主張と否定した。両国メディアの取材も過熱気味となり議場は一時、異様な雰囲気となった。

 輸出規制強化問題などでの世界貿易機関(WTO)での争いや、東京五輪・パラリンピックでの旭日旗の扱いをめぐる国際オリンピック委員会(IOC)を舞台にしたあつれきに続き、国際機構での日韓対立がさらに拡大した形だ。

(2019年09月17日 11時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ