山陽新聞デジタル|さんデジ

HIVで内定取り消し違法 札幌地裁「告知は不要」

 判決後に記者会見する原告の男性=17日午前、札幌市
 判決後に記者会見する原告の男性=17日午前、札幌市
 エイズウイルス(HIV)感染を告げなかったことを理由に、病院でのソーシャルワーカーの就職内定を取り消され精神的苦痛を受けたとして、北海道の30代男性が病院を運営する社会福祉法人「北海道社会事業協会」(札幌市)に慰謝料など330万円の支払いを求めた訴訟の判決で、札幌地裁(武藤貴明裁判長)は17日、同協会に165万円の支払いを命じた。

 武藤裁判長は「感染する危険は無視できるほど小さく、男性が感染を告げる必要があったとは言えない」と指摘し、内定取り消しは違法と判断。「医療機関の使命を忘れ、HIV感染者に対する差別や偏見を助長しかねない」と非難した。

(2019年09月17日 13時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ