山陽新聞デジタル|さんデジ

天満屋同僚「よくやった」 本社で応援、内定に歓喜

前田選手の優勝で喜びに沸く天満屋の従業員=天満屋本社社員食堂
前田選手の優勝で喜びに沸く天満屋の従業員=天満屋本社社員食堂
 2020年東京五輪の日本代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)は15日、東京・明治神宮外苑を発着点に初めて行われ、女子は前田穂南(23)=天満屋=が2時間25分15秒で優勝し、上位2人に与えられる五輪出場権を手にした。岡山勢では全競技を通じ、代表内定第1号。同じ天満屋の小原怜(29)=興譲館高出=が3位に入った。

 ◇

 前田穂南、小原怜が所属する天満屋(岡山市北区表町)は15日、本社で従業員約50人がテレビ中継を見守り、前田の代表入りを喜ぶとともに、あと一歩だった小原に温かい拍手を送った。

 「よくやった」。中盤にギアを上げ、独走した前田がゴールテープを切ると、社員食堂に集まった法被姿の上司や同僚たちが総立ちで喜びを分かち合った。同じ職場の女性(61)は「最高の走りを見せてもらった。この調子で五輪もメダルを取ってほしい」と期待を寄せた。

 小原も最終盤に猛烈な追い上げを見せ、僅差の3位。レース終了後、万歳三唱でチームとして2大会ぶりの五輪出場を祝福した。岡山店長の難波康彦さん(55)は「2人の走りに感動した。東京五輪に向け、従業員一丸となって応援していく」と話した。

(2019年09月15日 23時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ