山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジ暫定7位に浮上 岐阜戦を2―0で勝利

前半25分、ファジアーノ岡山のイ・ヨンジェ(右)が先制ゴールを決める=シティライトスタジアム
前半25分、ファジアーノ岡山のイ・ヨンジェ(右)が先制ゴールを決める=シティライトスタジアム
 明治安田J2第32節第1日(14日・シティライトスタジアムほか=9試合)前節9位のファジアーノ岡山はホームで同22位岐阜を2―0で退け、3連勝。勝ち点52(15勝7分け10敗)に伸ばし、暫定ながらJ1参入プレーオフ(PO)圏へ勝ち点1差の7位に上げた。

 首位の柏は甲府と1―1で引き分けて勝ち点63とした。甲府は同50。京都は町田に2―0で快勝し、同55として暫定3位に浮上した。水戸は1―2で千葉に逆転負けし、同54のまま。

岡山2―0岐阜
前半1―0
後半1―0

岡山15勝7分け10敗(52)
岐阜6勝6分け19敗(24)

 【評】ファジアーノ岡山が2戦連続無失点で快勝した。前半25分、MF上田がゴール前に浮かせたボールにFWイ・ヨンジェが反応し、左足で巧みな先制弾。後半は何度も危ない場面をつくられながら耐え、38分の2点目が効いた。ペナルティーエリア付近でパスを受けたMF仲間が落ち着いてネットを揺らし、3試合連続ゴールとした。

 岐阜は後半、外国人ストライカーを投入して攻勢を強めたが、バーに阻まれるなど不運もあった。

(2019年09月14日 23時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ