山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジ2選手と一緒に爽やかな汗 県総合グラウンドで約630人

選手らと一緒にスタジアムを歩く参加者
選手らと一緒にスタジアムを歩く参加者
 サッカーJ2ファジアーノ岡山の選手と交流しながらスタジアムを歩く「明治安田生命Jリーグウォーキング in OKAYAMA」が14日、岡山県総合グラウンド(岡山市北区いずみ町)で繰り広げられ、快晴の下、子どもからお年寄りまで約630人が爽やかな汗を流した。

 明治安田生命保険による健康づくり活動「みんなの健活プロジェクト」の一環で、Jリーグの後援を受けて開催した。グラウンド内にあるファジアーノ岡山のホーム・シティライトスタジアムを発着する約3キロのコースを歩いた後、駆け付けたDF後藤圭太、GK李京泰の2選手とスタジアムのトラックを1周。参加者は握手やハイタッチを交わしながら笑顔で進んだ。

 岡山市立伊島小2年の男子児童(7)は「選手と一緒に歩けて楽しかった。サッカーの練習をもっと頑張りたい」と話していた。

(2019年09月14日 21時21分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ