山陽新聞デジタル|さんデジ

「倉フェス!」今回から岡山で 29日開催、12組熱演

「倉フェス!」への来場を呼び掛ける吉永さん
「倉フェス!」への来場を呼び掛ける吉永さん
 岡山県内外のアーティストが出演する音楽フェスティバル「倉フェス!」が29日に開催される。今回から規模拡大のため、倉敷市から岡山市北区大内田のコンベックス岡山に会場を移し、12組がステージで熱演する。西日本豪雨の被災地を支援するため、チケットやグッズ売り上げの一部を倉敷市へ義援金として贈る。

 シンガー・ソングライターで「倉敷ふるさと大使」を務める吉永拓未さん=倉敷市=が企画した音楽イベント。音楽ユニット・Hilcrhyme(ヒルクライム)、シンガー・ソングライターのハジーさんとMACOさんら全国区のアーティストが登場し、吉永さんら地元を拠点に活躍するアーティストもパフォーマンスを披露する。このほか、地元勢によるウエルカムコンサートもある。

 3回目となる今年、「サーカスのようなにぎわいのあるフェス」とのテーマを初めて打ち出し、規模も拡大した。県内出身の大道芸人がジャグリングやバルーンアートを披露。飲食コーナーも設け、うどん、串焼き、スイーツなどを販売する。

 音楽で地域を盛り上げたいとスタートした倉敷発祥のフェス。昨年は豪雨の影響で実施が危ぶまれたが、チャリティーイベントとして開催した。今年も被災地支援を続ける。吉永さんは「音楽の楽しさで地域に元気を届けたい」と意気込む。

 チケットは指定席(6千円)などがあり、主要プレイガイドで販売中。問い合わせは事務局(070―5679―9052)。

(2019年09月12日 19時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ