山陽新聞デジタル|さんデジ

林野駅を気持ちよく 県理容組合美勝支部が清掃奉仕

JR林野駅待合室の清掃奉仕に取り組む会員たち
JR林野駅待合室の清掃奉仕に取り組む会員たち
 気持ちよく駅を使って―。岡山県理容生活衛生同業組合美勝支部は9日、美作市のJR林野駅で清掃奉仕に取り組んだ。

 会員約15人が参加。脚立に上って待合室の電灯のほこりを落としたり、窓や自動販売機、ごみ箱を雑巾で丁寧に拭いたりして心地よい汗を流した。公衆トイレの清掃や構内の草刈りも行った。

 美勝支部は旧勝田、英田郡の27店舗で構成する。杉山栄一支部長は「皆さんと協力して、少しでも地域のためになればという思いで活動した」と話した。

 業界の全国組織が2008年に9月第2月曜を「理容ボランティアの日」に定めており、美勝支部は近年、姫新線の駅清掃に当たっている。

 この日は、同組合津山支部のメンバーも鶴山公園(津山市山下)周辺で清掃奉仕を行った。

(2019年09月12日 17時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ