山陽新聞デジタル|さんデジ

こんなの見たことない ファジ増谷選手のサインが話題

独創的な「ま」のサインを手にする増谷選手
独創的な「ま」のサインを手にする増谷選手
 サッカーJ2・ファジアーノ岡山のサポーターの間で、ある選手のサインが「こんなの見たことない」「あり得ない」と話題になっている。「ま」―。でっかく、この1文字しか書かれていない。果たして、その理由とは―。

 サインの主はDF増谷(ますたに)幸祐選手(26)。J2琉球から8月中旬に移籍加入したばかりにもかかわらず、陽気な人柄もあって早くも人気者になっている。

 「ま」は、もちろん名字から取ったものだが、日体大から琉球に入った2016年からは漢字と英語を組み合わせたサインを使うなど試行錯誤してきた。「ま」に変更したのは今シーズン前。「誰のサインかひと目で分かるように個性を出したかった」と言う通りパンチが効いている。

 誰にでも書けそうだが、実は横線の角度など書体にこだわっている。練習場の政田サッカー場(岡山市東区)には“レアもの”のサインを求めてファンが駆け付け、ユニホームに書いてもらった50代男性は「本当にJリーガーのサイン? と驚いた。でも珍しくて面白い」と喜んでいた。

 増谷選手が加入後に出場した3試合はいずれも勝利。運も実力も備える右サイドバックは「『ま』のサインが欲しいという人がもっと出てくるような活躍を見せられたら」とにやりと笑う。J1昇格を目指すチームに、プレーでも強烈なインパクトを与えてくれそうだ。

(2019年09月11日 12時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ