山陽新聞デジタル|さんデジ

「街なか」でアウトドアいかが? 15日 岡山・石山公園でイベント

イベントで紹介予定のキャンプ用品
イベントで紹介予定のキャンプ用品
ちらしを手にイベントをPRするNPOメンバー
ちらしを手にイベントをPRするNPOメンバー
 市街地中心部でアウトドアの楽しさに触れられるイベント「街なかソトアソビ」が15日、岡山市北区石関町の石山公園で初めて開かれる。吟味したキャンプ用品を展示して来場者に使い心地を体験してもらうほか、トークイベントなどがある。

 岡山、広島県内のアウトドア用品メーカーや専門店、自転車販売店、ハンドメード木工の店など9事業者が出展。公園内の木立の間などにテントやアウトドア用テーブル、いすなどを並べる。キャンピングカー、芝生などを傷めずにたき火のできる台、オリジナルデザインの自転車なども展示する。

 来場者は各出展者から説明を聞いたり、使用感を体験したりできる。気に入った品は購入もできる。アクセサリー作りなどのワークショップもある。

 公園に隣接した旭川河川敷にいすやパラソルを並べてくつろぎの親水スペースとする。せせらぎを楽しみながら、ティータイムや読書を楽しめる。

 正午からは話題となっている車中泊の楽しみを紹介するトークイベント(無料)がある。飲食コーナーも設けられ、カレー、アマゴの塩焼き、コーヒーなどが販売される。

 イベントは、NPO法人「ENNOVA OKAYAMA」(岡山市)や同市などでつくる石山公園活用検討会が初めて企画。市中心部にあり、旭川にも隣接している公園の立地を生かし、アウトドアの楽しさを伝える。

 同NPOは「石山公園は緑と水のある街中の貴重な憩い空間。外遊びを通じて公園の魅力を引き出したい」と話している。

 時間は午前10時~午後3時。入場無料。問い合わせは同NPO(070―5677―5407)。

(2019年09月11日 12時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ