山陽新聞デジタル|さんデジ

【ファジ】京都戦写真ダイジェスト 「残りの試合も力借りたい」

ガッツポーズでサポーターからの声援に応える中野選手
ガッツポーズでサポーターからの声援に応える中野選手
 サッカーJ2ファジアーノ岡山は8日、岡山市のシティライトスタジアムで京都に3―0で快勝し2連勝。勝ち点を49に伸ばし、9位に浮上しました。前半22分、MF仲間隼斗選手が先制に成功すると、6分後にはFW山本大貴選手が追加点。さらに後半ロスタイムには、途中出場したFW中野誠也選手がダメ押しの3点目を決めました。スタジアムには今季2番目に多い13098人が来場し、選手たちに声援を送り続けました。

 上田康太選手は「選手として(昇格に向けて)ぎりぎりの戦いができるのは楽しいこと。一丸となって結果を出したい」と決意を語り、有馬賢二監督は「残りの試合も皆さんの力を借りたい」とサポーターに向けて感謝の言葉を述べました。写真でゴールシーンなどを振り返ります。
サポーターとハイタッチしてウオーミングアップに向かう仲間選手
サポーターとハイタッチしてウオーミングアップに向かう仲間選手
京都戦のスタメン
京都戦のスタメン
前半22分にゴールを決めた直後の仲間選手。「どの足で蹴ったか正直あまり覚えていない」ととっさの判断で得たゴールだと振り返った
前半22分にゴールを決めた直後の仲間選手。「どの足で蹴ったか正直あまり覚えていない」ととっさの判断で得たゴールだと振り返った
山本選手らと喜ぶ仲間選手(左)
山本選手らと喜ぶ仲間選手(左)
前半28分には山本選手が追加点。「ホームで決められてほっとしています」
前半28分には山本選手が追加点。「ホームで決められてほっとしています」
ゴール後チームメートに駆け寄る山本選手(右から2人目)
ゴール後チームメートに駆け寄る山本選手(右から2人目)
前半の2ゴールでスタンドも沸いた
前半の2ゴールでスタンドも沸いた
途中交代の中野選手(右)に指示を出す有馬監督
途中交代の中野選手(右)に指示を出す有馬監督
好セーブで無失点に抑えたGK一森純選手(緑色のユニホーム)
好セーブで無失点に抑えたGK一森純選手(緑色のユニホーム)
後半終了間際、中野選手が左足を振り抜きダメ押しの3点目を決めた
後半終了間際、中野選手が左足を振り抜きダメ押しの3点目を決めた
両手を広げ喜ぶ中野選手
両手を広げ喜ぶ中野選手
試合終了のホイッスルが鳴った後、ハイタッチして勝利を喜ぶ選手たち
試合終了のホイッスルが鳴った後、ハイタッチして勝利を喜ぶ選手たち
バックスタンドのサポーターにガッツポーズを見せる仲間選手(右端)ら
バックスタンドのサポーターにガッツポーズを見せる仲間選手(右端)ら

(2019年09月08日 23時33分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ