山陽新聞デジタル|さんデジ

シャルム監督に太田真司氏復帰 柴村和樹監督はヘッドコーチに

太田真司氏
太田真司氏
 サッカー女子・チャレンジリーグの吉備国大シャルムは6日、元監督の太田真司氏(42)が監督に復帰すると発表した。チームはリーグ残留を懸けたプレーオフを戦っており、7日のC大阪堺ガールズ戦から指揮を執る。柴村和樹監督(39)はヘッドコーチ兼U―15(15歳以下)監督に就任する。

 太田氏は2000年の吉備国大女子サッカー部創設時から監督を務め、11年にクラブ化した後、翌年に国内最高峰のなでしこリーグ(現1部)昇格に導いた。同リーグ2部からチャレンジリーグへ降格が決まった17年限りで退任し、シャルムU―15監督を務めていた。

 今季チャレンジリーグは西地区で最下位の6位。太田氏は「応援してくださる地域の方々のために全力を尽くし、残留する」と決意を述べた。

(2019年09月06日 22時55分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ