山陽新聞デジタル|さんデジ

大雨予想で新成羽川ダム事前放流 水位を下げ容量確保で氾濫対策

新成羽川ダム
新成羽川ダム
 岡山県中北部で29日にかけて激しい雨が降るとの予想を受け、中国電力(広島市)は28日、高梁川水系の成羽川にある新成羽川ダム(高梁市)でダム湖の水位を下げて容量を確保する事前放流を行った。下流域の氾濫を防ぐのが狙い。

 同社によると、ダム上流域で放流の基準となる39時間先までの合計雨量が110ミリを超えると予想されたため、午前2時に放流を開始。放流前に19・94メートルあった水位を9時間かけて目標の18メートルに下げた。放流量は約560万トン。

 事前放流は昨夏の西日本豪雨で浸水被害が生じた高梁川流域4市(倉敷、総社、高梁、新見)の要望を受けた対応。発電目的の民間ダムが治水対策として実施するのは珍しく、同社は5月、今年の梅雨時期から取り組むと公表していた。7月18日には初めて実施したが、新成羽川ダムより下流にある中電運営の田原ダム(高梁市)と黒鳥ダム(同)で放流分を貯水でき、住民への影響はなかったという。

 高梁市は放流を受け、メールや防災ラジオなどで成羽川、高梁川の水位が最大2メートル上昇するとして住民に注意を呼び掛けた。

 岡山地方気象台によると、岡山県内は29日にかけて、北部を中心に局地的に激しい雨が降る恐れがある。降り始めから28日午後4時までの雨量は井原市芳井町佐屋73・0ミリ、新見市千屋52・5ミリなど。29日午後6時までの24時間雨量は多い所で北部80ミリ、南部60ミリと予想されている。

(2019年08月28日 23時20分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ