山陽新聞デジタル|さんデジ

火星の小岩石に「ストーンズ」 NASA命名、ジャガーさん喜ぶ

 バンドにちなみ「ローリング・ストーンズ・ロック」と愛称を付けられた火星の岩=2018年11月26日(NASA提供・ロイター=共同)
 バンドにちなみ「ローリング・ストーンズ・ロック」と愛称を付けられた火星の岩=2018年11月26日(NASA提供・ロイター=共同)
 コンサートで歌うミック・ジャガーさん(中央)=22日、米カリフォルニア州(ロイター=共同)
 コンサートで歌うミック・ジャガーさん(中央)=22日、米カリフォルニア州(ロイター=共同)
 【ロサンゼルス共同】火星で研究探査を続ける米航空宇宙局(NASA)は22日、火星にある小さな岩石の愛称を、英人気ベテランロックバンド、ローリング・ストーンズにちなみ「ローリング・ストーンズ・ロック」と命名したと明らかにした。観測時に転がっているように見えたためという。

 ロサンゼルス郊外パサデナで22日夜行われたコンサートでバンドの登場前に、映画「アイアンマン」で知られる人気俳優ロバート・ダウニーJr.さんがステージで発表。ボーカルのミック・ジャガーさん(76)はステージ上で「信じられないね」と喜んだ。NASAによると、岩石はゴルフボールより少し大きい。

(2019年08月24日 10時41分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ