山陽新聞デジタル|さんデジ

高級食パン 銀座仁志川が岡山進出 倉敷駅前店が30日オープン

「銀座に志かわ倉敷駅前店」で販売する高級食パン
「銀座に志かわ倉敷駅前店」で販売する高級食パン
 高級食パン店を全国展開する銀座仁志川(東京)は30日、倉敷市阿知に岡山県内1号店となる「銀座に志かわ倉敷駅前店」をオープンする。1本(2斤)800円の1種類のみを扱う。

 同社の食パンは、独自に開発したアルカリイオン水を仕込みに用いることで、食材のうま味を引き出したという。もっちりとして食べ応えがあり、バターや生クリームを練り込んだ上品な甘さが酸味のあるワインや和風の食材とも合う。

 22日に同市内で報道関係者向け試食会があり、高橋仁志社長は「パン好きな人に味わってもらうのはもちろん、手土産やプレゼントとしての需要も開拓したい」と話した。

 同社は昨年9月に東京・銀座で1号店を開店し、倉敷駅前店は22店舗目になる。ガソリンスタンド経営の赤澤屋(同市玉島阿賀崎)が経営の多角化の一環としてフランチャイズ経営する。

(2019年08月22日 22時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ