山陽新聞デジタル|さんデジ

動物が他人に損害を加えた場合の飼い主責任

動物が他人に損害を加えた場合の飼い主責任
 動物が他人に加えた損害について、当該動物の飼い主は、民法718条1項ただし書き「相当の注意」をしたとの免責事由が証明できない限り、賠償責任を負うことになります。

被害者の救済を図るため
損害は広く賠償の対象に


 飼っている動物が被害者にかみついたというような直接的加害ケースと異なり、例えば動物が道路に飛び出したため、動物との接触を回避しようとした自動二輪車が転倒した場合には、当該動物の行為と転倒による負傷との間に因果関係が認められるかどうかが問題となりえます。

 718条1項の趣旨は、動物から生じた損害を広く賠償の対象とすることで被害者の救済を図ることにあります。そうであれば、(人にかみつくなど)動物の危険な性質の発現行為だけでなく、動物の独立の行動によって生じた損害であれば、広く因果関係を認めることもできるものと考えられます。上記具体例のような動物が道路に飛び出すことによって生じた事故は、動物の独立の行動によって生じた事故といえ、因果関係を認めることができると考えます。

「相当の注意」の証明が
損害賠償の免責事由に


 そして動物が他人に加えた損害について飼い主は、718条1項ただし書き「相当の注意」をしたとの免責事由の証明ができない限り賠償責任を負うことになります。「相当の注意」とは、通常予測しうる程度の危険に備える注意義務を意味し、異常な事態に対処しうるほどの注意義務まで課したものではないと解されています。

 もっとも近年のペットブームから、動物の飼い主には健全な飼育に努め保管義務を尽くすことが要請されており、「相当な注意」を払っていたとして免責される事例は少なくなっているようです。裁判例で免責が認められたケースとしては、①人にかみついたことはなく特に危険性のない動物を、一般に開放していない所有地内で柱に鎖でつないで飼育していたところ、同土地に無断で立ち入って同動物にかまれ負傷したケース②犬を自由に走り回らせる広場の中央付近を突き切ろうとした者が、犬と衝突し負傷したケースが挙げられます。

(2019年08月22日 11時49分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ