山陽新聞デジタル|さんデジ

朝ドラ「なつぞら」の撮影終了 広瀬さん「誇りに思う」

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」の撮影終了後、笑顔を見せるヒロイン役の広瀬すずさん=20日、東京・渋谷(NHK提供)
 NHK連続テレビ小説「なつぞら」の撮影終了後、笑顔を見せるヒロイン役の広瀬すずさん=20日、東京・渋谷(NHK提供)
 NHKは21日、連続テレビ小説「なつぞら」の撮影が20日に終わったと発表した。ヒロイン奥原なつ役の広瀬すずさんは「すてきな人物を演じることができた。この作品に出会えて心から幸せで、うれしく、誇りに思います」とコメントした。

 ドラマは戦争で両親を亡くしたなつが北海道・十勝で育った後、草創期のアニメーションの世界に挑む姿を描く。朝ドラ100作目の節目で、歴代ヒロインを演じた俳優らも多く登場した。

 NHKによると、撮影期間は約1年3カ月。放送は9月28日までの予定。

(2019年08月21日 21時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ